1. ABOUT
  2. Facebook
  3. Mail
  4. RSS
  5. Twitter
  6. 掲示板









    カテゴリ: ゲーム実況全般

     

    ゲーム実況
    1: 名無しさん@ゲーム実況者速報 2014/01/17 15:52:01 ID:8sUDCLIJ0
    動画サイトで人気の「ゲーム実況」 法律的に気をつけるべき点は?

    ゲームの制作会社から見たら、どうなのだろうか。
    制作会社の許諾をとらずに、ゲームの画面を配信することは、法律的に何か問題がないのだろうか。
    著作権にくわしい藤田晶子弁護士に聞いた。
    ゲーム中の画面をパソコンに取り込むなど、『ゲーム実況』動画を作る方法は様々のようですが
    ゲーム画面を録画・撮影する行為は、『映画の著作物』の『複製』に当たり、著作権者の許諾を受けずに行うと著作権侵害になります(著作権法第21条)」
    「作成した実況動画を動画投稿サイトにアップロードして、公衆が閲覧できるようにすれば、『公衆送信権』の侵害となります(著作権法第23条)。
    一時期流行したパラメータ改変ツール等で通常ではあり得ない状況が作りだされていたりすれば
    著作権者の『意に反する改変』として、『同一性保持権』(著作権法第20条)侵害を主張される可能性もあるでしょう」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140117-00001115-bengocom-soci


    続きを読む

    ゲーム実況
    1: 名無しさん@ゲーム実況者速報 2014/01/17 16:39:47 ID:Fx+VXmWJ0
    動画サイトで人気の「ゲーム実況」 法律的に気をつけるべき点は?

    ●ゲーム映像は「著作権法」で保護されている

     「ゲーム画面の映像・音声による表現は、伝統的な『劇場用映画』とはかなり趣が異なりますが、
    著作権法上は『映画の著作物』として扱われ、保護されています(著作権法10条1項7号、法2条3項)。

     このことは、裁判でも『NEO・GEO』事件(大阪高裁平成10年12月21日判決)や、『ときめきメモリアル』
    事件(最高裁平成13年2月13日判決)、『DEAD OR ALIVE 』事件(東京高裁平成16年3月31日判決)
    等々の判例が認めています。

     ゲーム中の画面をパソコンに取り込むなど、『ゲーム実況』動画を作る方法は様々のようですが、
    ゲーム画面を録画・撮影する行為は、『映画の著作物』の『複製』に当たり、著作権者の許諾を受けずに
    行うと著作権侵害になります(著作権法第21条)」

     個人が趣味の範囲内でやっていてもダメなのだろうか?

     「個人が家庭内で趣味のゲーム実況動画を作成することは、それが『私的複製』の範囲内であれば、
    著作権侵害にはなりません(著作権法第30条1項)。

     ただし、それが『私的複製』と認められるためには、それを個人的に自ら使用すること、または家庭内
    その他これに準ずる限られた範囲内(たとえば、緊密な人間関係のある10人程度の少数グループなど)
    で使用するという主観的な『目的』が必要です。

     動画投稿サイトに実況をアップして不特定多数のゲーム愛好者等に閲覧させる目的の場合はこれに
    該当しませんので、著作権侵害となるでしょう」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140117-00001115-bengocom-soci


    続きを読む
     

    .